ダイエットには仲間がいるんだろうか?

Written on 5月 26, 2014 at 11:50 PM, by テンション王子

夫の実家に初めて行った時のことはよく覚えています。だってすごいインパクトがあったんですよ。

付き合いだして5年、社会人になってからは3年になった頃「そろそろ結婚を前提にするか?」と聞かれました。結婚に憧れが無かった(むしろ人生の墓場としか捉えてなかった)私としてはNOと言いたくなりましたが、彼氏のことは好きだったし別れたくなかったんですよね。了承したからお互いの親に挨拶に行きました。夜ご飯抜きダイエット成功の秘訣!
彼氏の実家に行く当日。「色々とビックリするかもだけど大丈夫だから」の言葉にビビりながらも訪問。家の外観は・・ピンク!?大きな家だけど、ピンク一色なんです。

そして玄関を開けたら・・中もピンクで、大きなミッキー&ミニーやキティちゃんのぬいぐるみが天井からぶら下がっていました。ビックリしすぎて声も出なかったですね。

そして、出てきたお母さんもピンク!少女マンガに出てきそうなフリフリの服を着てニコニコしていたんですが、横に立つお父さんはすごくシックな浴衣。世界観のミックスにワケが分からなくてクラクラしましたね。彼氏は楽しそうに笑ってたけど。

ピンクの世界の中でご両親と話しました。「中身も強烈なのかな」と構えていたら、至って常識的なすごく優しい人たちで安心。トントン拍子に結婚へと進んでいったんです。

今は優しいジジババな姑たち。相変わらずピンクと渋柄の組み合わせですが、それ以外は干渉もせず素敵な義両親です。ただ、子供たちへの服が「激甘」か「激渋」なのが笑えますね!ありがたく頂いています。

仲間がいるからこそダイエットは頑張れるのかもしれませんね。

予想以上にいろいろあるもんだね

Written on 5月 24, 2014 at 10:57 AM, by テンション王子

ちょっと前に近所のスーパーに行った時、試食をガンガン食べまくる親子を発見しました。例えば爪楊枝が刺さってるウインナーだったら、5.6本をサッと取ってバクバク。「うわー・・」とか思いましまが、関わりたくも無いし食料を購入してレジを出ました。

その後は、バイト先の店長がお小遣いをくれたからフードコートでポテトとジュースを食べてたんです。貧乏だから久しぶりのファストフードは美味しく感じました。

そうしたら、さっきの試食食いまくり親子がスタスタと来て、突然向かいに座っちゃって。それから、さも当たり前のようにポテトをパクパク食べ始めたんです。ハッと我に帰り「ちょっと!泥棒やめて下さいよ!」と言うと「あんた、○○の店員でしょ?あそこで買ったこともあるのよ、還元しなさい!」なんてめちゃくちゃなことを言ってきて。

こりゃあかん、と思い速攻で警備員を呼び、連れていってもらいました。(僕も事情は聞かれたけど、ポテトとジュースの領収書&そこの店員さんが一部始終を見て説明してくれたからすぐに開放)

翌日、僕は休みだったけどなんとその親子がバイト先に文句を言いに行って来たらしいんです。「あいつのせいで旦那にバレた!責任とって私を引き取れ!」ですって。気持ち悪。

もちろん店長は激怒!実はそいつら、店の物を「買った」ことなんかなくて「盗んだ」ことは何度もある窃盗常習犯だったんです。また警察を呼んでサヨナラ。

しかし、どうしてああいう人間がいるんでしょうね?どこかおかしいのかな。ちなみに、子供は遠くを見ているような無表情だったとか。それってホラーですよね、怖すぎる!

やかな毎日を大事にします

Written on 5月 24, 2014 at 10:55 AM, by テンション王子

地元の友達の結婚式に出て来ました。結婚式は感動の嵐。ずっと「結婚したい!」と言ってた友達が、やっと夢を叶えられたとあって祝福ムードで素敵な式でしたね。

二次会はオシャレなバー。育児や家事やパート仕事に追われている身としては、懐かしい感じに胸が高鳴りました。

また、久しぶりに会う友達ばかりで新鮮でした。新婦も新郎も地元中学の同級生。二次会というよりは同窓会みたいで盛り上がりました。ひとしきり昔話で楽しんだ後は、お互いの現在の暮らしへと話題がシフト。話題が広がるごとに、なかなかみんな大変そうだと実感することになりましたね。

ちょっとショックだったのが、片思いをしていた男の子。すっかり老けた顔にも内心「嘘でしょー!」だったけど、なんとバツ3だったんです。理由を聞くと濁していたら、仲良しの同級生が「こいつ、毎回浮気で離婚されたんだぜ!馬鹿だろー!」とバラしちゃいました。うーん最低。

他にも、親の介護で大変な人や、パワハラで引きこもっている人など式や二次会に出られない人たちの話もポツポツと。学生の時はみんなで馬鹿やって毎日が楽しかったけど、大人になると色んな苦労をそれぞれ背負っていることを実感しました。

毎日が平凡なことに不満を抱くこともあったけど、私はまだ平和に暮らせることが出来ています。それは幸せなことなのかもしれませんよね。今ある状況を大切にしたいと思っています。

嫌なことは避けたい主義

Written on 5月 24, 2014 at 10:54 AM, by テンション王子

だって40まで独身だったのは「弟くんとずっと一緒だと信じてたから」だそうで、こっちをジトーッと見てくるのが最高にイヤ!「泥棒猫」と言われたこともあるし、お祝いごとにはカップルものの「片方だけ」入った茶わんやカップを送ってくるんです。病気ですよね?

更に許せないのが、姑たちも「遺産はやるから、私たちがいなくなったらあの子をよろしく」なんて言ってくること。夫も義姉も40代、20代の私にまとめて面倒見ろってか?

あと「弟君似の男の子を産んでね!」と言われていますが、最高に怖くないですか?「今は歳の差カップルも増えてるのよねー」なんて呟くし・・。呆れるのが夫も「姉さんは仕方ないなー」で終わるところですね。いくら抗議しても「寂しいんだよ。君が仲良くしてくれたら問題なし!」ですって。うちの兄に愚痴ったら「うえっ気持ち悪っ!」でした。それが普通ですよね・・。

そんな大きい欠点が見えてくると、夫のことがどんどん嫌いになっていくのを感じます。かっこ良く見えてた顔も毛穴が開いたオッサンだし、加齢臭みたいな匂いもすごくイヤ。子供が出来ていなくて良かった。早いうちに逃げ出します。年寄り同士で仲良く生きていったら良いわ!

羨ましいのかもしれないけど、図々しすぎ!

Written on 5月 24, 2014 at 10:52 AM, by テンション王子

scsdf今年になり、夫の転勤で某テーマパークの近くに引っ越してきました。すごく人気のスポットだけど、正直、私はあまり興味が無いんです。だけど「これがあれば親子連れでいつでも行けるから」と、ここで仲良くなったママ友に誘われて年間パスポートを購入。ママ友と遊ぶ時はそこに行ってる感じです。確かに便利ですね。

でも、そのことを知った、今までの転勤地での友人たちに「泊まらせて」「グッズを送って」とお願いされるようになって・・。グッズの方は、送料もくれるんなら送ってあげていますが「うちも苦しいから先払いでね」と言うと「えっ、お金取るの!?」なんて言う人もいて嫌になります。

また「泊まらせて」は論外。不思議なのは、たいして親しくない人の方がお願いしてくること。本当に親しくなった人たちは「そっちに行くことがあったら一緒に遊んでね!」くらい。まあ、図々しくないから親しくなるんですもんね、当たり前かもしれません。

一度でも図々しいことを言って来た人は、友達リストブックに「要注意」と赤文字で書きますね。あまりひどい時には着信拒否です。人気スポットの近くだからって、ホテル代わりにして良いわけじゃないし、グッズを無償で送る義務も無い。そんな単純なことが分からない人たちが多すぎます!

食べすぎはお金もかかるよなー

Written on 5月 24, 2014 at 10:35 AM, by テンション王子

grsddf
こういう人、結構いると思うんですが、母の日は気合が入るけど父の日はつい忘れそうになります。だから毎年、直前になって「忘れてた!まあお酒で良いかあー」となってしまうんですよね。瓶は残るけどずっとは使えない。飲んだら終わり、が定番でした。

だから今年は、思い出した時に買っておこうと思いました。ただ、母親たちと違って父親たちのプレゼントって本当に難しい!義父も実父も特に趣味は無いし、衣類は喜ぶと思えません。食べ物だと結局消え物になるし、商品券だと味気なさすぎる。こんなに頭を悩ませるなんて思いもしませんでした。

 

散々悩んだ挙句、レストランの食事券に落ち着きました。それぞれの地元にあるお店に頼んで前払いしてきたんです。つまり領収書が食事券代わり。

だけど、食べものだから結局消え物と同じなんですよね。それでも、夫婦の思い出は作れます。どちらの父も「妻と食事なんて」というタイプ、たまには良いでしょう。これなら母たちも気兼ねなく楽しめるし、こちらとしても感想を聞くのが楽しみです。父の日が待ち遠しいですね!

ただ、いつもの父の日よりずっと高くついたのはちょっと痛かったな。お酒なら数千円で済むけど、食事券は万円でしたから。こちらのお財布が痛んだ分、どうか父たちも恥ずかしがらずに楽しんで欲しいものです。